2015年08月27日

彼はまったく

 また笑いが起きた。自分にこんなに兄弟がいたなんて、しかもみんなやさしそうだ。
 次々と集まって来て賑やかになってきた。みんなと話をしたが、みんな優しくていい人たちばかりだ、兄弟ってこんなにいいものか。
 しかし、雑談に混じって驚く話が聞こえてきた。
「ジェル兄さん。この前の生意気な下女はどうした?」
 横にいるルシールが聞く。
「ああ、殺したよ。鞭打ちでね」
 平然と言う、思わず持っていたコップを落DR Max 教材としそうになった。
 ルシールがメレッサを肘でつついた。
「あんた、下女とか持つのは始めて?」
「はい」
 ルシールは世話好きみたいだ。
「だったら、まず一人殺すの一番トロそうなやつをね。そしたら目の色を変えて仕えてくれるよ」
 メレッサはあいた口がふさがらなかった。人の命を何だと思っているの。
「驚いているみたいね。でも、やってごらん絶対に効果があるって」
「みんな、すごくよくしてくれます」
 ここへ来る時の宇宙船の侍女達のことが頭に浮かんだ。メレッサが眠DR Max 教材っている間も起きて待機している侍女がいた。
「ならいいけどね」
 ルシールは冷たく言った。
 右隣は弟だった。
「あたし、メレッサ。あなたは?」
「僕は、ニラス」
「歳は?」
「14」
 彼はほかの兄弟に比べ寂しそうに見えた。雑談に参加しようとしない。
「あたし、今までメイドやっていたの。メイドってわかる?」
 無理に話しかけてみた。
 彼は首を振る。
「そう、ここで言う下女かな。掃除したり、お茶を入れたり、大変だった」
「そんなの、下女にさせればいいじゃん」
 そうか、環境があまりに違うから理DR Max 教材解出来ないのだ。
「いえ、そうじゃなくて、私自身が下女なの。だから下女にさせるわけにいかないの」  


Posted by 清風伴明月 at 17:03Comments(0)香港仔通渠

2015年08月13日

可愛がられて



 大学を卒業し、東邦製紙に入社するまでの都合六年間を、一樹はこの家ですごした。彼の部屋と雪江の部屋は二階の南側、狭い廊下をはさんで向き合っており、妹の部屋に友達が遊びに来たりすると、かしましい話し声が、彼の部屋までよく聞こえてきたものだった。
 彼と雪江とは、九歳離れている。妹は両親にとっても遅く恵まれた子供で、しかも欲しくてたまらなかった女の子だったから、赤ん坊のころからそれこそ韓國 午餐肉なめるように育った。年齢差がもう少し狭かったなら、一樹はいくぶん、ひがみっぽい兄に育ちあがってしまったかもしれない。
 彼が九歳の冬に、ぽんと生まれてきた妹。当時の彼にはまだ、赤ん坊がどこから来るのかということに関する正確な知識はなかったけれど、生まれてきた赤ん坊が、きわめて手のかかる存在だということは、すぐにわかるようになった。夜中でも泣くし、おしめ換えは大変だ。雪江を風呂に入れるなどといったら父も母も大騒ぎだし、おっぱいを飲んだあとげっぷをしないなどという程度のことにでも、母は心配をする。彼が食卓でげっぷをすると、「行儀が悪い」と怒るくせに。
 赤ん坊の雪江は寝てばかりいた。一樹が学校から帰ってくると寝ているし、ご飯を食べているときも寝ているし、夜寝る前も寝ていて、朝起きてもまた寝ている。
「なんでこんなに寝てばっかりいんの?」
 すると母は、眠るのが赤ん坊の仕事だと言った。
「赤ん坊っていいなあ」
「バカなこと言ってるんじゃないの」と、母は笑った。「眠ってはいても、まわ減副乳りの音とか話し声とか、ちゃんと聴いてるのよ。お兄ちゃん、雪ちゃんに話しかけてあげてね」
「話しかけたって、返事しないじゃん。寝てばっかで」
「そのうち、こっちを目で追いかけてくるようになるよ。笑うようにもなるから」
 周囲を見回しても、さすがに九歳も離れた弟や妹がいるという友達はいなかったが、同じクラスに、五つ下の、しかも双子の弟がいるという男の子がいた。彼に言わせると、赤ん坊ほど「邪魔くさい」ものはないという。
「今はまだいいけどよ、そのうち離乳食とか食べるようになるとき、クサくってしょうがないぜ、おしめが」
 そんな知恵を授けられると、ますます赤ん坊とは退屈なうえ面倒なものに思えてくる。だいたい、妹というのもツマラナイ。弟ならいっしょに遊べるようになるのに。なんであんなのが生まれてきたんだろうと、当時の一樹はけっこう真面目に考えた。
 雪江を産《う》んだころ、母はいったん勤めを辞めていたので、一日中家にいた。一樹が学校から帰ってくると、きまって「雪ちゃんの顔を見て、ただいまって言っておいで」と言った。育児に疲れ気味の母はいくぶん機嫌をそこねやすくなっていたので、たいがいの場合、彼は素直に言われたとおりにした。それに、もちろん父にも母にもこんなことは言えなかったけれど、赤ん坊の発している甘酸っぱいようなお乳の匂いには、なにかとても懐かしい感じがして、それだけ香港旅行社は彼も好きだった。
 でも、いつベビーベッドに近寄っていっても、雪江はすやすや寝ているだけだった。
「ばーか」
 見おろして、小声で言ってみても、やっぱりほの赤い顔をして眠っている。実に、手応えがない。こいつホントに生きてんのかっと、疑いたくなる気がした。
 あとになって、彼がそれを理解できる年頃になってから聞いたところによれば、雪江は未熟児ぎりぎりの体重で生まれ落ち、もしも発育がよくないならば、設備の整った産院へ逆戻りする可能性があったのだという。とりわけおとなしい赤ん坊だったという彼の記憶は、あながち間違ってはいなかったわけだ。  


Posted by 清風伴明月 at 17:24Comments(0)香港仔通渠

2015年07月28日

有些東西一輩子跟隨



打幹棒,是我們這一代人小時候常玩的遊戲。那個時代的孩子都比較野,家長也放心,再加上各家孩子都比較多,一湊就是一幫,很容易玩出個花樣來。不像現在的孩子,整天窩在家裏,怕摔著怕碰著。磕破了點皮,又是打針又是吃藥。那時的孩子可沒這麼嬌慣,吐口唾沫抹幾下,就又沒心沒肺地玩去了。所以那個時候的孩子,很難說誰的身上沒有幾處傷疤,沒經過幾次驚險的遭遇。

那時的綠化比現在好得多,村子前後左願景村 洗腦右全是林子,種的都是高大挺拔的楊樹。夏天林子裏會有各種不知名的鳥鳴叫,樹下長滿了綠草,各種野菜也很多,各種小型走獸也不時地掠過。冬天,林子就顯得很蒼茫,楊樹褪盡了葉子,筆直的幹舉著光禿禿的枝,冷漠地望著天空。地上的樹葉子和荒草早已被摟淨,那時的日子很苦,沒有煤燒,都上山上摟柴火燒。每家的牆外都堆滿了樹枝子、乾草,也是那個年代的一大景觀。這個時候是打幹棒的最好時候,孩子們冬天閑著沒事,打打幹棒,一來可以娛樂,消磨漫長的寒假時光;二來可以為家裏增添點柴火,實在是一舉兩得。

當然,打幹棒得有趁手的傢伙式兒,那就是幹棒。幹棒的製作絕不能馬虎,要選結實、堅硬又有分量的榆木,這樣的幹棒使起來順手,扔得也高。製作的時候,要在夏天選用胳膊粗細的榆樹,截取中間粗細均勻的一段,大約一米左右為好,拔去皮,砍去枝杈,修理乾淨,放在太陽底下晾乾,然後用砂紙打磨光滑,越光溜越好,不容易被樹枝掛住。如果有必要,還可以塗上明油,效果會更好。有的孩子追求藝術,還會在幹棒上刻上自己的名字,甚至用蠟筆塗上顏色,就更漂亮了。所有的這一切都是孩子們自己設計製作,絕對不用大人插手,這也是現在的孩子所不具備的。

一切就緒之後,就等著冬天上山打幹棒了。打幹棒,最好選在有風的天氣,打著過癮,風還能使樹搖動,把幹棒晃下來。選一個不錯的日子,一幫孩子吆吆喝喝地就出發了。根本不用互相找,只要街上願景村 洗腦一有動靜,用不了一會,就會聚起十幾個孩子。來到樹林裏,大夥便互相散開,在偌大的林子裏施展自己的手段。打幹棒,要選用有幹枝子的楊樹。幹枝子斑斑駁駁,一眼就能認出來。把幹棒根據幹枝子的高低使勁甩出去,把幹枝子打斷,隨著幹棒掉下來。那種感覺真是很爽,好的時候,一上午能打一大捆兒。足夠燒幾天的。幹棒甩空的時候很多,有時候一根枝子要打好幾下。碰上粗的枝子,幹棒也不一定能打斷。最有意思的時候是幹棒被夾在了樹枝間,這個時候就得通過晃樹把幹棒晃下來,一個人晃不動,就得幾個人一起晃。大夥喊著號子,一起用力,別提多壯觀了。

在我們這些孩子中,幹棒打得最好的就是丁閣了。丁閣很直性,用通俗點的話說就是缺心眼,我們都叫他傻丁閣。丁閣勁大,幹棒甩的高,自然打下的幹枝子最多。有時候看到我們打不了多少,他就會主動勻給我們一些,所以我們都願意跟他一起上山,有成就感。丁閣雖然傻,但是帶鳥窩的樹從來不打,怕鳥沒了安家的住處。丁閣後來凍死了,聽說那天正好是小年,死在了一家農戶的柴火垛裏。大概是晚上喝酒了找不到家,又不好意思問路,就鑽到柴火垛裏取暖,一睡過去就再也沒有醒過來。聽完他的故事後,心裏也是很不得勁,畢竟,他也算是童年的一個不錯的夥伴呢。

成年之後,童年的許多記憶都慢慢地退化了,偶爾想起一些趣事,也都是靈光一現而已。回到家鄉,那些童年的夥伴,也早已沒有了當年沖天的豪氣,甚至連聚在一起嘮嗑的話題都枯燥了許多。想起來願景村 洗腦也真是無奈,整天忙忙碌碌,人與人之間的距離都遠了許多,哪還有閒心嘮嗑呢?看看現在的世界,每個人都在追求名利,包括孩子,那種純樸的人情只不過是內心深處的一種片刻的渴望,在喧囂的大海面前,終究是一點小小的漣漪,不能覆蓋整體。現在的孩子也學會投機了,那個時代的遊戲他們是遠遠看不上眼的,原始、簡陋且又粗俗的遊戲,也許早已隨著時間的流逝,埋沒在歷史的煙雲裏,再也不會複生,甚至若干年之後,再也不會有人提起。  


Posted by 清風伴明月 at 15:16Comments(0)香港仔通渠

2015年06月03日

無法表達的美好情感讓我難以忘懷



知道你一直在遠方默默地關心著我,默默地感受著我的喜怒哀樂和心情的起伏,我的眼裏總是有些潮濕,有一種說不出的感動和滿足。

語言在這個時候會顯得有些蒼白,我知道,很多時候,即使我們香港仔通渠不說一句話,就這樣遠遠地注視,我能感受得到你,我相信你也同樣能感受到我的心境。

有時寫博客時,我會一個人流下眼淚,不過,親愛的,那絕對不是傷心的眼淚,而是幸福的眼淚。是一種真誠的感動,是一種語言無法表達出的美好情感。

這一生你無法給予我太多,我深深地知道也理解,但僅僅這些紅磡通渠就很奢侈,我就已經非常滿足了,甚至會永遠都記著你的好。很多人都說過我活在自己的精神世界中。但我需要的也就是這些。看起來很簡單,但卻是別人永遠都無法給予我的。

你是一個很特別的男人,總是會給我一些特別的感動,讓我難以忘懷。雖然我們空間距離很遙遠,但我卻總覺得你離我很近,近到就在我的心中。

委屈的時候,會第一個想起向你傾訴;開心的時候,會第一個灣仔通渠想起和你分享;平靜的時候,更會一如既往地想你。每每想起你的時候,我都會覺得心中很溫暖。   


Posted by 清風伴明月 at 14:18Comments(0)香港仔通渠