Posted by at

2015年09月25日

待たねばなら


「ご声援、ありがとうござる」
 芝居ごころがあるだけに、次郎吉の応答はもっともらしい。調査がすむと実行だが、雨の日だと屋根がすべる、月が明るいと見つかりやすい。天候にも注意する。
 侵入の前には、その近所の常夜灯の油をへらしておく。逃走の時に、ちょうど油がきれ消えるようにしておくのだ。
 また、道すじの三カ所ほどに、火の用心のチョウチンと、拍子木とをかくしておく。いつでもそれを持ち、夜回りに化けられる。夜道を歩くには、夜回り姿が最もいい。怪しまれないし、夜回りが金を持っているわけなどないから、すれちがいざま浪人者に切りつけられる心配も
ない。
 このような準備があるからこそ、落ち着いて仕事ができるのだ。逃走の手はずなしだったら、不安で気が散り失敗しかねない。
 しかし、思いがけぬ不運も、ないことはない。屋敷内を追われ、ひらりと塀の外へ出たはいいが、そこをたまたま目明しが通りがかっていた場合など。これはもう逃げる以外にない。目明しは|呼《よび》|子《こ》を吹きながら追ってくる。その音を聞きつけ、加勢が出現する
かもしれない。だが、かねて用意の細工によって、あたりの常夜灯が消えはじめる。闇になればしめたものだ。次郎吉はふところから呼子を出して吹く。そして、自分も十手をふりまわし、戻って目明しにあう。
「おい、あっちへ行ったようだぞ。はさみうちにしよう。むこうへ回ってくれ」
 相手はまんまとひっかかる。変だなと気づいて戻っても、その一瞬のうちに次郎吉の姿は消えている。そばの武家屋敷の塀を越え、なかにかくれればいいのだ。町奉行所の配下の者には手が出せない。目明しが門に回り、賊が侵入したと注意することはできるが、そのすきにゆう
ゆう逃げられる。
 万一にそなえ、次郎吉は各所のお寺の屋根裏に、|飛脚《ひきゃく》の服装をかくしておく。数人の目明しに追われ、自宅へ帰れそうにない場合、ひとまずそこに逃げこむのだ。ここも町奉行所の手がとどかない。追手はまわりをかため、寺社奉行の許可か応援をぬ

 そのあいだに次郎吉は変装し、暗いうちにそとへ飛び出し、かけだすのだ。大名家が国もとの藩との定期連絡に使う、大名飛脚の姿になっている。そのための手形も盗んで入手してある。どこの関所も通過できる。文箱のなかを見せろなどと強要されることもない。盗んだ金が入
っているのだが。
 さらにあとを追われたとしても、江戸から一歩そとへ出れば、またも目明しは手が出せない。江戸のそとは代官の支配下で、それは勘定奉行の管轄。ねずみ小僧が逃げたらしいと、町奉行から勘定奉行、そして代官にまで通達がとどくには、けっこう日時がかかる。そのころには
、次郎吉は江戸に舞い戻っているというわけ。
 多くの大名屋敷のなかには、警備の厳重なのもある。邸内にひそんでいるところを、腕のたちそうな家臣に発見されることもある。しかし、次郎吉は平然と言うのだ。
「じつは、将軍直属のお庭番、|隠《おん》|密《みつ》なのです。この家に不穏な動きがあるらしいと、わたしが派遣された。しかし、隠密に証明書などあるわけがない。侵入者として切られても文句は言えない。だが、わたしを殺しても、また、つぎの隠密が派遣されるわけで
、きりがないことでござるぞ」  


Posted by 清風伴明月 at 11:58Comments(0)

2015年09月23日

つかおうとはし

 ああ、天のさばきはなんというきびしさだろう。罪のない三少年はぶじに助かったのに、井川は土くずれの下じきとなり、怪獣男爵と小男は、おそろしい地下の迷路にすいこまれてしまったので

ある。
 一同はしばらくシーンと顔を見合わせていたが、やがて鬼丸太郎がかたわらの壁を指さし、
「みなさん、これをごらんください。ここに金色の仏像があるでしょう。この仏像にも小さな鍵穴があります。ここへ第一の鍵をさしこんで右へ七度まわすと、そこにある岩の扉が開くのです。そ

して、その扉のうしろには、大金塊が雋景探索40あるのですが、第一の鍵を失ったいまとなっては……」
 鬼丸太郎がかなしげに声をうるませたときだった。とつぜん、大声でさけんだものがある。滋だった。
「おじさん、その鍵ならここにあります!……」
 一同はびっくりしてそのほうを見ると、滋は声をふるわせながら、
「ぼくはもしものことがあってはならぬと、この鍵のにせものをこしらえておいたのです。怪獣男爵にゆうかいされたとき、ぼくの持っていたのはにせものです。ほんものはうちにしまっておいた

のです。おじさん、これこそ、ほんとうのナンバー.ワンの鍵です」
「滋君!」
 鬼丸太郎は滋の手から、小さな鍵をうけとると、ふるえる手で仏像の鍵穴にさしこんだ。そして、一度、二度、三度……鍵をまわすにつれて、あの大きな岩の扉が、ギリギリ、ギリギリ歯車の音

とともにひらいていくではないか。
 金田一耕助と等々力警部、それから謙三の三人は、息をのんDream beauty pro 好唔好でそれを見まもっていたが、やがて扉がひらくといっせいに、懐中電燈の光をそのおくにさしむけた。と、そのとたん、なんともいえ

ぬふかい感動の声が、一同のくちびるをついて出たのである。
 懐中電燈の光をうけて、さんぜんとかがやいているのは、人間の大きさほどもあろうという黄金のあみださま。ああ、それこそは、何億円というねうちのある大金塊なのだった。
 さア、ながらくつづいたこの物語も、これでいよいよおしまいである。
 大金塊はぶじに地下迷路よりそとへはこび出された。鬼丸太郎はそれを政府の手で処分してもらった。
 鬼丸太郎はいまや大金持である。しかし、かれはそれをけっしてむだになかった。それをもとでに、迷宮島に手をいれて、そこを一大観光地にしようと一生けんめいである。剣太

郎、珠次郎、鏡三の三少年もおとうさんに力をあわせてはたらいている。
 やがてそこが瀬戸内海の一名物となり、外国の観光客をよびよせるのも間近いことだろう。
 それにしても怪獣男爵はあれからどうしただろうか。その後鬼丸太郎は大勢の人をやとって、地下迷路をくまなく探したが、とうとう怪獣男爵や部下の小男の姿を発見することはできなかった。

怪獣男爵は人知らぬ迷路のおくで死んだのだろうか。
 いやいや、あのわるがしこい怪物のことだから、どこかに抜雋景探索40け道を発見してひそかに脱出したのではないだろうか。そしてまた、どこかで悪事をたくらんでいるのではないだろうか……。  


Posted by 清風伴明月 at 16:37Comments(0)

2015年09月18日

な顔をしている

「びっくりしたのはこっちだ。何度で焼いてたと思ってんだ。―触ってないな?」
「うん。。。。そうやんな、火傷するよな。。。ごめん」
予想外の行動が、アキには多すぎる。
「お前、もういいから座ってろ。な?」

昨夜と同じように、桐谷は部屋に入ったアキにすぐ風呂に入るよう言った。
その間にグラタンを焼き始め、丁度焼きあがった頃、アキが風呂から出て来た。
何か手伝いたいと申し出たアキに、サラダを盛りBB敏感付けていた桐谷は、オーブンからグラタンの皿を出してトレーに載せてくれと頼んだ。
これを使えと濡らした布巾を渡す前に、アキはあろうことか素手でオーブンに手を突っ込んでいて、久々に肝が冷える思いをした。

「お前、料理しないだろ。いつも何食ってんだ?」
しゅんとしてダイニングの席に座ったアキに、桐谷は声を掛けた。
「えっと。。。コンビニとかで適当に買ったりとか」
「だろうな。量も全然食ってないだろ」
「。。。何で?」
「細いし、あんまり栄養巡ってなさそうに見える」
「はは、何それ。けど一人やとあんま、食べる気せえへんし」
「一緒に食う奴はいないのか」
「親しい人は。。。あんまおらん」
雰囲気的には、アキはそう人当たり康泰旅遊が悪いようには見えない。けれど、その言葉にすんなりと納得している自分もいた。
「寂しい奴だな」
「。。。そうやね」
ぽつりと返す声。
桐谷はアキに背を向けてオーブンからグラタンを取り出していたが、今アキがどんのか、見えたような気がした。


湯気の昇るグラタンをひとくち口に入れて、アキは目を丸くした。
「おいしい。。。。めっちゃ、おいしい」
呆然としたように漏らしたアキに桐谷は苦笑した。
アキはじっと桐谷の方を見ながら、もぐもぐと口を動かす。
「これ、ホウレン草?」
「ああ。鶏も入ってる」
結局具材は、鶏と冷蔵庫にPretty Renew 黑店あったホウレン草をソテーして入れた。
「天才やな、桐谷さん」
無邪気に微笑んだアキに、だから大袈裟だと返す。  


Posted by 清風伴明月 at 12:25Comments(0)

2015年09月16日

急速落下する

 もはや言葉にならない。この明らかに失敗したハイリスクハイリターンのリスクの部分をさらに天秤にかけ、現状はどっちのリスクを取るかの段階まで達している。
 飛ぶか、埋まるか。飛べばそのまま夜空の一部になり、埋まれば大地の一部となってこの世を見守る地母神に……なるか! どっちに転んでも骸だよ!


 地竜の抵抗も虚しく、大魔女様の掛け声とSIAX 瘦面共に僕ら一行は、文字通り”空を駆けた”

……気分は案外悪くない。重力から解放され、この体いっぱいに広がる浮遊感は、まるで翼を生やした天使の気分だ。このまま風が吹けば、どこまでも羽ばたけそうな、そんな大らかな気分……
 だが残念。所詮人間は翼を持つ事なぞできず、一時的に空を飛べた所でそれは所詮一時甘い”夢”なのだ。
――――願わくばこの時が永遠に続いてほしい。しかしこの世に永遠なぞない。

 形あるものはいつか終焉を迎える。それはこの世界でも例外ではなく、0時に魔法が解けるシンデレラのように、ロケット花火がただのゴミへと変わるように、この心地のいい”夢”から覚める時は、いつか必ずやってくるのだ。

――――あの紐なしバンジー決死の大ジャンプから、数時間が過ぎた。
 辛くも雪崩の魔の手から逃れた僕らは、今度は重力と言う手に捕えられ、さすがにそれには逃れられる事はできず引き寄せられるがままに落ちて行った。
 その狙い通り、雪が積もる山の高層部から中腹までの道のりを、見事狗糧牌子一気にショートカットする事に成功させた大魔女様であったが、その反動はすざましく、乗員は全員もれなく衝撃と言うダメージを負うハメになり、さらには下山よりも手当が最優先されるというまさに慢心総意の状況に陥っていたため、惜しくも下山には至らず仕舞いで終わった。

 ――――日はついに地平線に接触し、あれだけ蒼かった空が燃えるように赤く染まっていく。
 残念だったな。イイ線行ってたが、もう完全に”タイムリミット”だ。

「こ~ら~! 何やってんの! 今日中に山を下りるって言ったでしょ~~!」

 なんでこいつ一人だけピンピンしてるのだろう。あの高さから垂直落下で落ちて行ったのに。
 以下に地竜越しとは言えその衝撃はかなりの物だったはずだ。この体力仕事を生業としている山賊ですら、打撲や打ち身で苦しんでいるのに。
 それは僕だって例外じゃない。あの落下中の短い時間で、ジェットコースターが時のような三半規管が宙に浮く感覚にやられ、今の今まで気を失っていたのだ。
 絶叫マシンすらダメな僕にあんな紐なしバンジー、または安全装大學 聯 招 放榜 日期なしのフリーフォールをかまされた日には、耐えろと言うのが無理な話なのである。

『も、もう無理でさ~』

「だらしないわよあんたら、それでも山賊!?」

「お~き~な~さ~い~!」

 無茶言うな。仮に彼らが無事だったとしてももう遅い。日の光が照らす猶予はどう見ても残りあと僅かだ。
 夜の山道をうろつくのは危険だと言う事は素人の僕ですらわかるぞ。潔く諦めろ。

「はぁ……くそ、一泊確定かぁ~」

 いいだろ別に。ここの風景はお前の家と似ているのだから。
――――そう、ここはアルフォンヌ山脈”帝都側”下腹部。  


Posted by 清風伴明月 at 12:24Comments(0)

2015年09月10日

おひねりを


(羊水の事言ってるのかな)

「つーまーりー……癒しの効果があるって事よ!」

「あー……」

 それならそうと早く言ってくれればよかったのに。そんなメルヘンな言い回し、まるでナルシストだぞ。
 要は何が言いたいのかと言うと、このしゃぼん鑽石能量水を向こうでへばっている山賊達に持っていってやれば、目覚める頃には体力が全て回復しているという事らしい。
 さすが精霊だな。あのメルヘンとは全く逆の暗黒のヘドロよりも何倍も回復力が高く、それでいて何倍も幻想的だ。次に薬を作る時は、この精霊達を思い出せ。
 そして学べ。見た目は大事だって事をな。

「よっほっは」

「あら意外。器用に精霊を運ぶわね」

「えっただ普通に運んでるだけっすよ」

「突っついただけで簡単に割れちゃうのに……あんたにこんな才能があったなんて」

「ほんと、”意外”」

 意外意外うるさいな。さっきのおかえしのつもりか。
 よくわからんがこのしゃぼん、運ぶには少々コツがいるものらしい。本来は触れただけで簡単に割れてしまうから、運ぶときは力加減や周囲に神経を使わないといけないらしいが……
 ほんとかそれ。全然割れないぞ? さっきからバンバン瑪姬美容 暗瘡僕に当たっているが。

 今だって、ほら――――

「いっちかっけにっかけっでさんかっけて~」

「ほんと、無意味にも程がある才能ね」

……まぁな。勉強も運動も体力のない僕の唯一の特技が、「しゃぼん玉でお手玉ができます」と履歴書に書いた所で、それが一体何のアピールになるのか。
 将来は駅前でこれをやって、稼ぐ仕事でもするか? はは、月給い鑽石能量水くらだよそれ。

「あ、アニキと姉さん。どこいってたんで?」

「ちょっとね。ほら、お土産持ってきたわよ」  


Posted by 清風伴明月 at 12:33Comments(0)

2015年09月02日

を介抱してくれ



 やがてジョルが、少し遅れてフォランが駆け込んで来た。
 4人並んで座って父の手術が終わるのを待っていた。
 手術は無事終わり、結局、ルシールの船に運んだ。父にしてみれば自分る子供をかわいく感じるはずだ、その幸運は絶対にルシールのものだ、彼女が命がけで父を助けたのだから当然だと思った。


 メレッサが父の病室から自分の宇宙艇に戻ってくると、コリンスがすぐにやってきた。
「ミラルス王の降伏の署名式がありますから出席をお願いします」
「署名式?」
 偉くなるとそれなりに忙しくなる。
「戦艦ゼノーバで行います。みんな姫君のお出文具批發でをお待ちしております」
 みんなが私を待っている? メレッサは当惑した。私の都合が最優先でみんなが待っていることさえ私には伝えられない、みんなは私の用が終わるのをじっと待っている、そこまで偉くなってしまったのか。
「すぐに行きます」
 待たせては悪い、メレッサは急いで宇宙艇でセノーバに向かった。
 会場は将軍や提督など、そうそうたるメンバーが集まっていた。
 メレッサが会場に入ると全員が起立する、その中をメレッサは中央の椅子に進むと家臣を後ろにして座った。
 ざわざわと家臣が椅子に座ったが、メレッサの正面にはミルビス王がそのまま立っていた。
 彼は軽く一礼すると、メレッサの前に進み出た。
「私はミネーラの王女に降伏したつもりなのですが、それでよろしいですね?」
 彼は不思議な事を言い出す。メレッサはあっけPretty Renew 銷售手法にとられた、この期に及んで新しい条件を付けようと言うのか。
「ミネーラの王女?」
「はい、王女さま」
 彼は平然と言う。
「誰です、その、ミネーラの王女とやらは」
 メレッサはきつい口調で言った。妙な条件は付けさせない。
 しかし、ミラルス王はビックリしている。
「ミネーラの事をご存知ないのですか?」
「ミネーラの王女など会ったこともありません」
 メレッサはピシッと言った。
 しかし、ミラルス王はおもしろそうに笑う。
「お会いになったことはあるはずです、ただ、ご自分で会った事に気がついていないだけです。鏡をご覧になったことはあるでしょう」
 鏡が何の関係があると言うのだ。
「メレッサ姫……」
 メレッサが混乱していると、横からセラブ提督が小さな声で文具批發呼びかけてくる。
「なんです?」  


Posted by 清風伴明月 at 12:25Comments(0)