2015年08月27日

彼はまったく

 また笑いが起きた。自分にこんなに兄弟がいたなんて、しかもみんなやさしそうだ。
 次々と集まって来て賑やかになってきた。みんなと話をしたが、みんな優しくていい人たちばかりだ、兄弟ってこんなにいいものか。
 しかし、雑談に混じって驚く話が聞こえてきた。
「ジェル兄さん。この前の生意気な下女はどうした?」
 横にいるルシールが聞く。
「ああ、殺したよ。鞭打ちでね」
 平然と言う、思わず持っていたコップを落DR Max 教材としそうになった。
 ルシールがメレッサを肘でつついた。
「あんた、下女とか持つのは始めて?」
「はい」
 ルシールは世話好きみたいだ。
「だったら、まず一人殺すの一番トロそうなやつをね。そしたら目の色を変えて仕えてくれるよ」
 メレッサはあいた口がふさがらなかった。人の命を何だと思っているの。
「驚いているみたいね。でも、やってごらん絶対に効果があるって」
「みんな、すごくよくしてくれます」
 ここへ来る時の宇宙船の侍女達のことが頭に浮かんだ。メレッサが眠DR Max 教材っている間も起きて待機している侍女がいた。
「ならいいけどね」
 ルシールは冷たく言った。
 右隣は弟だった。
「あたし、メレッサ。あなたは?」
「僕は、ニラス」
「歳は?」
「14」
 彼はほかの兄弟に比べ寂しそうに見えた。雑談に参加しようとしない。
「あたし、今までメイドやっていたの。メイドってわかる?」
 無理に話しかけてみた。
 彼は首を振る。
「そう、ここで言う下女かな。掃除したり、お茶を入れたり、大変だった」
「そんなの、下女にさせればいいじゃん」
 そうか、環境があまりに違うから理DR Max 教材解出来ないのだ。
「いえ、そうじゃなくて、私自身が下女なの。だから下女にさせるわけにいかないの」


同じカテゴリー(香港仔通渠)の記事画像
可愛がられて
有些東西一輩子跟隨
無法表達的美好情感讓我難以忘懷
同じカテゴリー(香港仔通渠)の記事
 可愛がられて (2015-08-13 17:24)
 有些東西一輩子跟隨 (2015-07-28 15:16)
 無法表達的美好情感讓我難以忘懷 (2015-06-03 14:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。